宗谷丘陵

< 宗谷丘陵 >
みどころ・ルート・所要時間・
アクセス・駐車場など

 観光のポイント・みどころ 

  1. なだらかな丘が続く癒やしの世界
  2. 1万年以上前に形成された周氷河地形
  3. ホタテの貝殻で作られた白い道
宗谷丘陵

なだらかな丘

宗谷丘陵 風車

風車

宗谷丘陵 白い道

白い道

MAP・基本情報
観光ルートと
所要時間
アクセス・駐車場

■ アイコンの追加:マップ左上「→」をクリックタップしてメニューを開き、項目にチェックを入れる。

■ 航空写真:メニュー左下の写真をクリックタップ

■ ルート案内:アイコンをクリックタップして詳細を開き、詳細の右上「→」をクリックタップ

-注意事項-

■ マップ上のアイコンの位置がずれる場合があります。「地図」と「航空写真」とでは位置がずれます。またグーグルマップ自体の変更があった場合、位置がずれる事があります。

■ アイコンの位置やルートを示す線等はおおよそです。



基本情報

所要時間
観光ルート

アクセス

駐車場

宗谷丘陵とは

宗谷丘陵とは、1万年以上前の氷河期に形成された、周氷河地形(なだらかな地形)が広がる丘陵地帯です。山火事により木々がなくなり、厳しい寒さや強風によって背の高い木が育たないため、見晴らしの良い独特な景観を楽しむことができます。白い道は周辺で獲れたホタテの貝殻です。ゴミとして処理されてきた貝殻を、道として再利用されました。歩きやすく、雑草も生えにくい。さらに景観も良いという素晴らしさです。なだらかな丘と白い道。日常とは違う癒やしの世界が楽しめるでしょう。

アイヌ語

宗谷岬のソウヤとはアイヌ語で『岩・岸("so-ya"/ソヤ)』であろうと言われています。珊内のソーヤから現在の宗谷岬に移る際に、名前も移したそうです。

基本情報

名称宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)
所在地北海道稚内市宗谷村~宗谷岬
営業5月頃~10月頃(24時間)※冬期通行止め区間あり
料金無料
お問い合わせ稚内観光協会(Tel:0162-24-1216)
ベストシーズン
服装歩く場合<歩きやすい靴/(帽子)>
持ち物歩く場合<地図/飲み物/(食べ物)>
バリアフリー車に乗りながら楽しめる/フットパスコース<基本舗装路、白い道は貝殻が敷き詰められた未舗装路/常になだらかな傾斜あり>
トイレ宗谷岬(宗谷岬駐車場/宗谷岬展望台駐車場/山上駐車場)全て多目的トイレあり/宗谷丘陵展望休憩施設/宗谷歴史公園
注意事項白い道は道幅が狭い

観光ルート全体について

フットパスの宗谷丘陵コースは宗谷岬から宗谷岬歴史公園までの全長約11kmで、白い道は宗谷歴史公園付近の約2.3km区間です。コースのみどころは、宗谷岬~放牧牛~風車~白い道。どちらからスタートしてもOKです。ちなみにコースは車でも走れます。

目的地を選択
  • 宗谷丘陵
宗谷丘陵

宗谷丘陵

所要時間

-注意事項-

■ 時間、距離、標高差はすべて目安です。

■「移動」は移動にかかる時間です。「見る・体験」は立ち止まって見たり体験したりする時間です。「合計」は移動、見る・体験の合計時間です。

■ 移動、見る・体験、合計の各時間は『はやい ~ ゆっくり』です。休憩や入場待ち等の時間は含まれておりません。

■「距離」は一般的な道を利用した距離です。

■「標高差」は最高地点と最低地点との差です。

■「累積標高差」は上りの標高差の合計です。

■ 宗谷岬歴史公園~(片道) ※フットパス 宗谷丘陵コース
宗谷岬移動見る・体験合計
3時間7分~
3時間39分
20分~30分3時間27分~
4時間19分
距離標高差累積標高差
約11km約131m約215m
観光ルート
宗谷丘陵 ルート

宗谷歴史公園スタートは国道238号から脇道へ入る。

宗谷丘陵 ルート

130mほど進んだ地点にある郵便局を右へ。

宗谷丘陵 ルート

すぐにY字路がある。直進は宗谷歴史公園、左は白い道。

宗谷丘陵 ルート

Y字路を左へ入り、約300m進むと白い道へと変わる。

宗谷丘陵 白い道

白い道/約2.3km続く。

宗谷丘陵 白い道

なだらかな丘と風車。

宗谷丘陵 白い道

車両はゆっくり走行しよう。

宗谷丘陵 白い道

白い道が終わるとすぐに逆Y字路があるが道なりに。

宗谷丘陵 ルート

次のT字路まで約1.8km。

宗谷丘陵 ルート

T字路/左へ。次のT字路まで約1.6km。

宗谷丘陵 丸山

丸山/山頂には自衛隊の施設がある。

宗谷丘陵 ルート

T字路/左へ。次のT字路まで約1.2km。

宗谷丘陵 牛

放牧牛/徐々に牧草地が広がってくる。

宗谷丘陵 ルート

この先T字路/直進は宗谷丘陵駐車帯、右は宗谷岬。

宗谷丘陵 ルート

牛を見ながら進もう。次のT字路まで約2.4km。

宗谷丘陵 ルート

T字路/左へ。終点宗谷岬まで残り約1.1km。

宗谷丘陵 宗谷丘陵展望休憩施設

宗谷丘陵展望休憩施設(無料)/飲食店が併設されている。

宗谷丘陵 宗谷岬公園

宗谷岬公園(上の広場)

宗谷丘陵 宗谷岬公園

坂を下ると下の広場がある。

宗谷丘陵 日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑

宗谷丘陵にはフットパスコースが整備されており、宗谷岬または宗谷岬歴史公園からスタートします。歩かれる場合は、宗谷岬歴史公園をスタートとし宗谷岬をゴールとするのがおススメです。ゴールの爽快さやバスを待つ間にお土産や食事など効率が良いです。コース内にはT字路が多々あります。小さいながら案内看板が立っていますが、道を間違えても似た景色が広がるため、確認をしながら進むほうが良いです。

  • 車での行き方

  • 電車での行き方

目的地を選択

-注意事項-

■「現在地からのルートを調べる」をクリックすると、別画面でグーグルマップの経路案内が表示されます。グーグルの位置情報を許可している方のみ経路案内が表示されます。ただし、目的地や経路が通行止め区間内にある場合等は経路案内が表示されません。通行止め区間外に移動させてご利用ください。

  • 宗谷岬
  • 宗谷岬歴史公園

日本最北端の地の碑前

宗谷岬/宗谷丘陵

※Googleの位置情報を許可してる方のみ

宗谷岬周辺を通る国道238号は広くて走りやすい道です。ただし、観光客が多いため、横断歩道など歩行者にご注意ください。コースは、宗谷岬展望台や宗谷岬灯台の横の道を上り、道なりに進みましょう。

宗谷歴史公園前

宗谷丘陵

※Googleの位置情報を許可してる方のみ

宗谷歴史公園は国道238号から奥へ入って行ったところにあります。観光ルートにて道順を紹介しています。

目的地を選択

-注意事項-

■「現在地からのルートを調べる」を選択すると、別画面でグーグルマップのルート案内が表示されます。グーグルの位置情報を許可してる方のみルート案内が表示されます。案内が表示されない場合は、グーグルマップ画面上の左上付近にある「オプションの表示」→「電車」にチェックを入れてください。また、災害等により目的地や経路が利用できない場合は表示されません。

  • 宗谷丘陵

稚内駅

宗谷岬/宗谷歴史公園

※Googleの位置情報を許可してる方のみ

宗谷丘陵周辺を通る電車はありません。JR宗谷本線、稚内駅までのルート案内です。稚内駅から宗谷岬までは約31km、宗谷歴史公園までは約24kmあります。バスやタクシー、レンタカーなどを利用しましょう。バスを利用する場合は、稚内駅で宗谷バスの「天北宗谷岬線」に乗り、宗谷岬はバス停「宗谷岬」、宗谷歴史公園はバス停「宗谷」で降ります。バス停「宗谷岬」は宗谷岬展望台前です。バス停「宗谷」は観光ルート1枚目の写真の分岐から50mほど先です。進んでも戻ってもどちらでも構いませんので、すぐに一本山側の道に入り、郵便局横を通って宗谷歴史公園へ向かいましょう。事前にグーグルマップなどで確認しておくほうが良いです。

駐車場全体について

-注意事項-

■カーナビに駐車場を設定する際、日本測地系を採用しているカーナビが多いため、日本測地系の緯度経度またはマップコードをご利用ください。グーグルマップ等は世界測地系です。

■「緯度経度」「マップコード」は駐車場の入口をさしています。ただし、お使いのカーナビや地図によってはずれる場合があります。目的地を確定する前に微調整を行ってください。

■「距離」はおおよその距離です。

宗谷丘陵で利用できる駐車場は、宗谷岬三か所、宗谷丘陵展望休憩施設、宗谷丘陵駐車帯、宗谷歴史公園です。

目的地を選択
  • 宗谷岬1
  • 宗谷岬2
  • 宗谷岬3
  • 宗谷丘陵展望休憩施設
  • 宗谷丘陵駐車帯
  • 宗谷歴史公園
宗谷岬駐車場 宗谷岬駐車場 宗谷岬駐車場
宗谷岬駐車場(下の広場)
名称宗谷岬駐車場
所在地北海道稚内市宗谷岬
営業通年(24時間)
料金無料
駐車台数72台(公式)
障がい者
専用(優先)スペース
1台
タイプ平面
トイレあり
緯度経度
日本測地系
北緯45°31′12.507″45.520140
東経141°56′25.116″141.94031
世界測地系
北緯45°31′20.199″45.522277
東経141°56′10.926″141.936368
Map Code
998 067 385*85
距離下の広場内にあり
備考

宗谷岬展望台駐車場 宗谷岬展望台駐車場 宗谷岬展望台駐車場
宗谷岬駐車場(展望台横)
名称宗谷岬展望台駐車場
所在地北海道稚内市宗谷岬
営業5月頃~11月頃(24時間)※冬期通行止め
料金無料
駐車台数10台(視認)
障がい者
専用(優先)スペース
1台
タイプ平面
トイレあり
緯度経度
日本測地系
北緯45°31′12.019″45.520005
東経141°56′25.056″141.940293
世界測地系
北緯45°31′19.711″45.522141
東経141°56′10.866″141.936351
Map Code
998 067 385*58
距離展望台横にあり
備考

宗谷岬駐車場 宗谷岬駐車場 宗谷岬駐車場
宗谷岬駐車場(上の広場)
名称山上駐車場
所在地北海道稚内市宗谷岬
営業5月頃~11月頃(24時間)※冬期通行止め
料金無料
駐車台数83台(視認)
障がい者
専用(優先)スペース
0台
タイプ平面
トイレあり
緯度経度
日本測地系
北緯45°31′7.715″45.518809
東経141°56′28.416″141.941226
世界測地系
北緯45°31′15.408″45.520946
東経141°56′14.226″141.937285
Map Code
998 067 238*38
距離上の広場内にあり
備考

宗谷丘陵 駐車場 宗谷丘陵 駐車場 宗谷丘陵 駐車場
宗谷丘陵 駐車場
名称宗谷丘陵展望休憩施設
所在地北海道稚内市宗谷岬
営業4月29日~11月3日(9:00~17:00)※6月1日~9月30日(9:00~19:00)※冬期通行止め
料金無料
駐車台数100台(おおよそ)
障がい者
専用(優先)スペース
0台
タイプ平面
トイレ施設内にあり
緯度経度
日本測地系
北緯45°30′55.987″45.515551
東経141°56′23.456″141.939848
世界測地系
北緯45°31′3.681″45.517689
東経141°56′9.267″141.935907
Map Code
998 037 803*84
距離施設の横にあり
備考

宗谷丘陵 駐車場
名称宗谷丘陵駐車帯
所在地北海道稚内市宗谷村
営業5月頃~11月頃(24時間)※冬期通行止め
料金無料
駐車台数5台(視認)
障がい者
専用(優先)スペース
0台
タイプ平面
トイレなし
緯度経度
日本測地系
北緯45°29′39.419″45.494283
東経141°55′17.836″141.921621
世界測地系
北緯45°29′47.12″45.496422
東経141°55′3.659″141.917683
Map Code
805 875 316*67
距離フットパスコースから少し外れた場所にあり
備考

宗谷丘陵 駐車場
名称宗谷公園(宗谷歴史公園)駐車場
所在地北海道稚内市宗谷村宗谷
営業通年(24時間)※冬期通行止めの可能性あり
料金無料
駐車台数5台(おおよそ)
障がい者
専用(優先)スペース
0台
タイプ平面/未舗装
トイレあり
緯度経度
日本測地系
北緯45°29′0.908″45.483585
東経141°53′14.191″141.887275
世界測地系
北緯45°29′8.61″45.485724
東経141°53′0.028″141.883341
Map Code
805 841 014*24
距離宗谷歴史公園前にあり
備考

-注意事項-

■ この観光地に近い宿泊施設を掲載しています(順不同)。

■ 予約などお問い合わせは各宿泊施設に直接お問い合わせください。

宿泊施設

宗谷丘陵周辺は宿泊施設が少ないため、宗谷岬周辺と稚内駅周辺の宿をご紹介しています。宗谷岬の宿は、ほぼ最北端の位置にあるため、日本の最北を満喫するにはとても良いでしょう。稚内は、ノシャップ岬や宗谷岬、礼文島や利尻島など観光の拠点となる町です。駅周辺に宿泊施設がたくさんあり、ホテルや旅館、ゲストハウスなどさまざまなジャンルから選ぶことができます。ただし、人気観光地であるため早めに予約するほうが良いでしょう。

-注意事項-

■ ツアーの予約ができる企業を掲載しています(順不同)。

■ 予約などお問い合わせは各企業に直接お問い合わせください。

■ 時期によってツアーの有無が異なるためご注意ください。

ツアー

個人旅行のメリットは「自由!」。ツアーのメリットは「気楽・充実・お買い得!」。気になるツアーに参加して、解放感たっぷりな時間を過ごしませんか?このページに記載してある細かいこと、すべて丸投げして遊びましょう。

-注意事項-

■「距離」はこの観光地入口から各観光地入口までのおおよその距離です。複数の入口がある場合は、最も近い場所で表記しています。また、直線距離ではなく、一般的な道を利用した場合の距離です。目安としてご参照ください。

周辺観光案内

-注意事項-

■ 記載内容は本記事作成時または更新時のものです。本記事の内容と現地の現在の状況が変わっている可能性があるため、最新の情報はご自身で観光地等にお確かめください。■ 当サイトを利用して損害などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負えません。■ 当サイトに記載してある写真や文章等の無断転載・無断使用などは固く禁止とさせて頂きます。