雲海テラス
観光japan

「雲海テラス」みどころ・ルート
・所要時間・アクセス・駐車場など

旅行の計画を立てる人を応援するサイト
-2017年8月作成-

雲海テラス

check雲海テラスとは・・・

雲海テラスは星野リゾートが運営する、雲海を見て楽しむ事を主な目的とした展望施設です。トマムの雲海は夏の早朝に発生し、標高約1088m地点にある展望デッキから雲海を見下ろすことができます。雲海にはいくつか種類があり、大きく分けるとダイナミックな「太平洋産雲海」、柔らかい雰囲気を持つ「トマム産雲海」、天気が悪い日に見られる「悪天候型雲海」の3つです。この中でも雲が滝のように流れる太平洋産雲海の人気が最も高いです。 雲海の発生確率はシーズンを通して約40%前後あり、太平洋産雲海は約15%~20%前後です。自然の現象であるため、雲海が見られない事もあるため予めご了承ください。

翌日の雲海予報や詳しい情報は星野リゾート公式ホームページをご覧ください。


check地図・場所

「地図」「航空写真」「地形」をクリックするとそれぞれの表示形式に変わります。※アイコンの位置がズレる場合があります。当サイトは観光地や駐車場などの入口などを指しているため、既にあるGoogleMapの情報アイコンとズレます。また「地図」と「航空写真」とでは位置がズレます。ここでは「地図」で場所を指定しているため「航空写真」に変更した場合は位置がズレます。GoogleMap自体の変更があった場合位置がズレる場合があります。ご注意ください。
top

みどころ・ルート・所要時間

checkみどころ

太平洋産雲海 1太平洋産雲海
ダイナミックな動きを見せる太平洋産雲海。
トマム産雲海 2トマム産雲海
低い位置で柔らかい雰囲気を持つトマム産雲海。
悪天候型雲海 3悪天候型雲海
天候が悪い日に雲の切れ間から見られる悪天候型雲海。
comment

大きく分けて3種類ある雲海。太平洋産雲海が見られれば幸運ですが、トマム産雲海や悪天候型雲海にもそれぞれの良さがあって楽しめます。また、稀に2種類の雲海が同時に見られる事もあります。雲海が発生しなくても見晴らしの良い心地の良い景色が楽しめますよ。

check観光ルート・所要時間

翌日の雲海発生確率は星野リゾート公式HPの雲海予報チェックしておきましょう。
雲海テラス
雲海テラス
雲海テラスマップ

※移動時間は②駐車場から⑤クラウドウォークまでの往復の時間です(ゴンドラ片道13分、待ち時間等は除く)。
A:トマム ザ・タワー。B:リゾナーレトマム。

主なポイント
②駐車場
③リゾートセンター
 ゴンドラ山麓駅・トイレ
④ゴンドラ山頂駅・トイレ
 展望デッキ
⑤クラウドウォーク
⑥トマム山山頂
所要時間(目安)
移動時間
45分~55分
観る時間
60分~90分
合計時間
105分~145分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
①星野リゾートトマム出入口。道道136号線沿いです。
①から約950m進むと分岐があります。直進はホテル。左がゴンドラ乗場。
分岐から約440mほど進むとU1駐車場があります。
②リゾートセンター。この中にチケット売場があります。
リゾートセンター正面玄関。中へ入りましょう。
中ほど右側に券売機があります。
ゴンドラの券売機。宿泊者は必要ありません。
券を係りの人に渡すとこの券と交換して下さります。
裏口から出て横のゴンドラ乗場へ移動します。
ゴンドラ乗場。約16秒間隔。④まで約13分。
④港デッキ。この日はあいにく雲の中。
てんぼうかふぇ。港デッキに併設されています。
温かいスープや飲み物等が売られています。
山頂駅の上にある灯台デッキへ向かいます。
雲のゆうびんやさん。ポストカードが送れますよ。
灯台デッキ。ここからも雲海が楽しめます。
灯台デッキから見た港デッキ。
灯台デッキの先へ進みます。
トマム山登山口を通り過ぎて進みます。
④から約210m進むとクラウドウォークがあります。
⑤クラウドウォーク。雲の上を歩くような感覚。
雲海。
⑤から更に山頂側へ進みます。
スカイウェッジ。
船の先端のような形をした展望設備です。
雲海。
ゴンドラ山頂駅へ戻ります。
comment

ゴンドラは朝の5時を過ぎると長い行列ができています。この日は月曜日ですが30分待ちでした。時期や曜日によって異なりますが、早めに行って待つほうが何かと良いでしょう。2017年8月の時点ではスカイウェッジから先へは進めませんでしたが、2017年9月より新しい設備である等高線をイメージしたコンターベンチや雲の形をした大きなハンモックであるクラウドプールが作られています。クラウドウォークより先は階段を上らなくてはならないため、上がりたくない人は山頂駅からクラウドウォークまでの往復を楽しまれると良いでしょう。

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
トマム山山頂
トマム山山頂
トマム山マップ

※移動時間は④ゴンドラ山頂駅から⑥山頂までの往復の時間です。

主なポイント
②駐車場
③ゴンドラ山麓駅・トイレ
④ゴンドラ山頂駅・トイレ
⑥トマム山山頂
所要時間(目安)
移動時間 46分~63分
観る時間 10分~20分
合計時間 56分~83分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
④ゴンドラ山頂駅。階段を上ります。
灯台デッキを通り過ぎます。
灯台デッキから約30mほど先に登山口があります。
登山口。山頂まで約630m、標高差約160m。
登山届。登山口から約120m地点。
登山道。道はハッキリとわかります。
ハイヒールやサンダルは非推奨。
ホワイトアウト(霧で視界ゼロ)にご注意を。
傾斜は結構キツイです。
トマム山山頂。標高1239m。
あいにく雲の中でした。
comment

トマム山山頂はゴンドラ山頂駅付近にある展望設備から雲海が見られない場合に、雲の上を目指して少しでも高い場所へ上がろうというのが登山の主な目的になってくると思います。そのため、靴や服など観光スタイルのまま登ると危険な場合もあるためご注意ください。ここはれっきとした登山道です。補足ですが、麓から山頂まで登る事は基本的にはできません。

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
comment

ゴンドラ山麓駅までに関して、日帰りの方は駐車場に車をとめて徒歩でリゾートセンター(山麓駅)まで向かいましょう。駐車場の横に駅があるため近いです。星野リゾートに宿泊される人はバスの送迎があります。5月中旬~8月末までは5時からゴンドラが動き、バスは4時45分から運行しています。第一便を目指すのが良いですね。折角なのでホテルでゆっくりされるよりも、雲海がいつ見れてもよい態勢でゆっくり過ごすほうが良いのではないでしょうか。通いなれている人は雲海発生時刻の予測と待ち時間を考慮して向かわれると良いと思います。 時期や時間等タイミングによりますが、ゴンドラの待ち時間にはご注意ください。

top

アクセス

check車 ルート案内

リゾートセンター(ゴンドラ山麓駅)
ドライブイメージ
別画面でGoogleMapが表示されます。「現在地または各都道府県庁」から「観光地の入口」までのルート案内です。カーナビは「駐車場」の項をご参照ください。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。
comment

星野リゾート付近を通る道道136号線は、山道でカーブが多い場所もありますが、基本的には普通の一般道であり問題無く走行できます。公式HPでも告知されていますが、富良野方面から向かう場合、トマムの西側を走る幾寅峠(道道1030号線)は未舗装で狭い道です。近いようですが時間がかかる危ない道であるため、トマム東側の道を利用するほうが良いでしょう。星野リゾート周辺にはガソリンスタンドやコンビニ、スーパー等はありません。

check電車 ルート案内

リゾートセンター(ゴンドラ山麓駅)
ドライブイメージ
別画面でGoogleMap表示されます。「現在地または各都市の主要駅」から「観光地の入口」までのルート案内です。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。正しく案内表示がされない場合はGoogleMap画面上の左上付近にある「オプションの表示」→「電車」にチェックを入れてください。
comment

日帰りで雲海を見るために電車を利用するのはおすすめできません。雲海の時刻に間に合わない可能性があります。JR石勝線・トマム駅は特急スーパーおおぞらのみ停車するため、事前に時刻や経路を調べて乗られるほうが良いでしょう。トマム駅からは、宿泊者は専用バスが送迎してくださります。日帰りの場合は片道約1.8km、徒歩約30分です。周辺にタクシーやレンタカーなどはありません。

check交通機関などの予約

電車予約
電車予約
飛行機予約
バス予約
レンタカー予約
えきねっと
e5489
スカイチケット
バスブックマーク
レンナビ
JR東日本
えきねっと
新幹線や特急など列車の予約。
JR西日本
e5489
新幹線や特急など列車の予約。
スカイ
チケット
複数の航空会社の料金を比較と航空券の予約。
バスブック
マーク
複数のバス会社の路線や料金の比較とバスの予約。
レンナビ
複数のレンタカー会社の料金の比較と車の予約。
旅行で利用できる便利なサイトのご紹介です。使いやすくて料金が安い会社をご紹介しています。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

駐車場

check駐車場

雲海テラス駐車場マップ
観光地
1リゾートセンター(山麓駅)
駐車場
1U1駐車場
2駐車場(リゾートセンター前)
3駐車場(道沿い)
U1駐車場
名称:U1駐車場
所在地:北海道勇払郡占冠村中トマム
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:212台(おおよそ)
障がい者等用スペース:2台~
二輪車:-
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:施設内〇
自動販売機:施設内〇
リゾートセンターまでの距離と時間 約180m 徒歩約3分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°3′50.127″(43.0639243)
     
 東経:142°37′18.9″(142.6219167)
日本測地系 北緯:43°3′41.267″(43.061463056)
     
 東経:142°37′32.736″(142.62576)
マップコード608 510 303*83
混雑予測:繁忙期は満車になる可能性があります。
備考:広くて利用しやすい駐車場です。
駐車場(リゾートセンター前)
名称:駐車場(リゾートセンター前)
所在地:北海道勇払郡占冠村中トマム
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:43台(視認)
障がい者等用スペース:2台
二輪車:-
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:施設内〇
自動販売機:施設内〇
リゾートセンターまでの距離と時間 約70m 徒歩約1分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°3′50.624″(43.0640622)
     
 東経:142°37′26.279″(142.6239665)
日本測地系 北緯:43°3′41.763″(43.061600833)
     
 東経:142°37′40.116″(142.62781)
マップコード608 510 340*26
混雑予測:満車になる可能性が高いです。
備考:ここが1番近いため、早く着いた人はこちらにとめると良いでしょう。
駐車場(道沿い)
名称:駐車場(道沿い)
所在地:北海道勇払郡占冠村中トマム
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:50台(おおよそ)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:施設内〇
自動販売機:施設内〇
リゾートセンターまでの距離と時間 約150m 徒歩約2分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°3′47.504″(43.0631955)
     
 東経:142°37′20.74″(142.6224278)
日本測地系 北緯:43°3′38.643″(43.060734167)
     
 東経:142°37′34.576″(142.626271111)
マップコード608 510 244*02
混雑予測:繁忙期は満車になる可能性があります
備考:リゾートセンター前の駐車場とU1駐車場との間に垣根を挟んで道路沿いにあります。
123 画像をクリックタップすると拡大できます。
※緯度経度は駐車場の入口を指しています。カーナビの多くは日本測地系を採用しています。桁数が多い場合は後ろの数字を削除してください。お使いのカーナビや地図によってはズレる事があります。駐車場から観光地までの道のりは「アクセス」の項にある「現在地」のグーグルマップルート案内をご利用ください。周辺駐車場の全てを記載しているわけではございません。例えば都市部において路地裏にある台数5台未満の駐車場などは安くてもご案内いたしません。土地勘のない方を迷わす危険や満車により更に時間を費やす可能性が高くなるためです。
comment

駐車場を3箇所あげていますが、1つと考えても問題ありません。早い時間であればリゾートセンター前から道路沿い、最後にU1駐車場へまわると近い順にとめられます。(道路沿いの端のほうにとめる場合はU1のほうが近いです)。ゴンドラ運行開始後に到着する場合はU1駐車場に行くのが良いでしょう。

check駐車場 予約

b-timesロゴ
三井のリパークロゴ
akippaロゴ
軒先パーキングロゴ
B-Times
全国にあるタイムズと登録された駐車場の予約。
toppi
全国にあるリパークと登録された駐車場の予約。
akippa
あきっぱに登録された駐車場の予約。
軒先PARKING
軒先パーキングに登録された駐車場の予約。
駐車場の予約ができるサイトのご紹介です。観光地が管理している駐車場は予約ができない所が多いためご注意下さい。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

宿泊施設など

check宿泊施設


check
観光地に近いお宿のご紹介です。掲載の順番に意味はありません。各お宿の名前をクリックタップすると公式サイトが別画面で表示されます。価格・クチコミボタンをクリックタップすると宿泊予約サイトが別画面で表示されます。楽天やじゃらんなど複数の宿泊予約サイトから「最安値」や「クチコミ評価順」などおすすめが簡単に検索できます。
トリップアドバイザー地図検索
画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。「じゃらん」のみ希望の目的地まで地図を移動させてください。移動後は右上にある「再検索」ボタンが青く表示されるまで地図を拡大し、「再検索」ボタンをクリックしてください。
comment

雲海テラスがある星野リゾート内には4件のお宿があります。決して安くはありませんが、価格以上の価値が頂けると多数の口コミが寄せられています。比較的安価なお部屋もあるため、ご自身の希望に合わせて探してみてください。その他4件はトマムの町周辺にあるお宿を掲載しています。どこも人間味を感じる味わい深いお宿が多そうです。観光シーズンは満室になる事もありますので、早めの予約が必要です。

top

ツアー

checkツアー

JTBロゴ
CTロゴ
HKロゴ
ツアーの予約ができるサイトのご紹介です。時期によってツアーの有無が異なるためご注意ください。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
comment

旅行代理店は数多くあるため、大手旅行代理店に絞って掲載しています。ツアーに参加すれば、このホームページで記載してある細かい事など全部丸投げして遊べますね。運転すらしなくていいので朝からお酒を一口・・なーんて幸せも♪

top

周辺観光案内

check周辺観光案内

赤岩青巌峡
赤や青の奇岩・巨岩が並ぶ峡谷。珍しい景色が楽しめる景勝地です。
距離:約33km
距離は雲海テラス~各観光地の入口までの距離です。大きな湖など観光地内に複数の観光地点がある場合は、最も近い地点の入口までの距離です。また、一般的な道を利用した場合の距離であり直線距離ではありません。例えば直線距離は近くても、山や川などを越えるために移動距離が大きく膨れ上がる場合があります。こういった場合など直線距離は役に立ちません。距離は通る道などにより距離が変わるため、目安としてご利用ください。

check周辺の遊び

そとあそび
周辺の「体験」や「遊び」を探します。
陶芸・そば打ち・ラフティング・カヤック・キャニオニング・パラセーリング・ボルタリング・着物レンタル・チャンバラなどなど・・まだまだたくさん・・
旅行に体験を1つ加えると、より素敵なものになるかもしれませんね。
アクティビティと呼ばれる旅行先での遊びを予約できるサイトのご紹介です。アクティビティの中には危険が伴うものや、天候等により中止となるものもあるためご注意ください。画像をクリックタップすると別画面で表示されます。
top

まとめ・詳細

checkまとめ

雲海テラスは雲海という大自然の偉大さを楽しむ場所です。登山が好きな人にとって雲海は身近なものですが、雲海テラスから見る太平洋産雲海はダイナミックで滝のように流れ落ちる珍しく且つ壮大な雲の流れが楽しめます。ゴンドラを使ってラクして楽しめるものに価値は低いと思われる人もいるかもしれませんが、雲海自体や独創的な展望設備等複合的に考えると一見の価値ありです。 マイナスな点としては、雲海は自然現象であるため、そもそも見られるかどうかわかりません。また、見られても太平洋産雲海が見られるかどうかというと確率がかなり低くなります。ゴンドラの費用はかかりますが、シーズンパス等を利用して雲海を楽しめられれば良いですね。

check詳細

名称
雲海テラス(うんかいてらす)
所在地
北海道勇払郡占冠村中トマム
期間・時間など
5月中旬~10月中旬・5時頃~7時頃
料金
ゴンドラ往復料金:大人1900円・小学生1200円・ペット500円・未就学児無料。
(ゴンドラ)シーズンパス:大人5000円・小学生3000円・ペット1000円。その他ザ・タワー会員や障がい者割引等あり。
お問い合わせ
星野リゾート(Tel:0167-38-2111)
ライブカメラ
ベストシーズン
夏(雲海)
観光時間の目安
雲海テラス:105分~145分, トマム山山頂:プラス56分~83分(観光地内での移動や観る時間などの合計)
服装・装備など
スニーカーなどで可。サンダルやヒールでも可。
トマム山を登る場合はサンダルやヒールは非推奨。登山装備があると良いです。
トイレ
ゴンドラの各駅にあり。
バリアフリー
階段が多いため、車椅子の方は周囲やスタッフさんの協力があればゴンドラに乗る事ができます。港デッキより先は難しいでしょう。多目的トイレは村立トマム診療所や農村公園、道の駅自然体感しむかっぷ等にあります。
注意
・・『注意事項』・・
記載内容は本記事作成時または更新時のものです。本記事の内容と現地の現在の状況が変わっている可能性があるため、最新の情報はご自身で観光地にお確かめください。当サイトを利用して損害などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負えません。自己責任で当サイトをご利用ください。当サイトに記載してある文章や写真などの無断転載・無断使用などは禁じます。
top