阿寒湖
観光japan

「阿寒湖」みどころ・ルート
・所要時間・アクセス・駐車場など

旅行の計画を立てる人を応援するサイト
-2017年8月作成-

阿寒湖

check阿寒湖とは・・・

阿寒湖は特別天然記念物に指定されているマリモ(毬藻)の生息地です。特に球状のマリモは世界でも生息地はほとんどなく、世界最大の生息地であったアイスランドのミーヴァトン湖も絶滅の危機に瀕しています。阿寒湖も例外ではなく絶滅危惧種に指定されていますが、保全活動によって群生しています。 マリモと言えば球状のものをイメージしますが、ほとんどが糸状のものです。糸状のものは日本各地で見られます。阿寒湖にはどちらも生息していますが、湖の北側に希少である球状のものが生息しています。特別な許可無しでは近づけません。また、球状・糸状など形状に関わらず全て採取禁止です。見るためには阿寒湖内にあるチュウルイ島のマリモ展示観察センター(観光船で行く)か、南側湖畔にある阿寒湖畔エコミュージアムセンター内(無料)で見られます。
阿寒湖はマリモを見るだけでなく、観光船に乗って湖を楽しんだり、湖岸を散策したり、地下から噴き出す高温の泥が見られるボッケ、アイヌ民族に関する施設など観光スポットがたくさんあり、ゆっくりと楽しむ事ができます。


check地図・場所

「地図」「航空写真」「地形」をクリックするとそれぞれの表示形式に変わります。※アイコンの位置がズレる場合があります。当サイトは観光地や駐車場などの入口などを指しているため、既にあるGoogleMapの情報アイコンとズレます。また「地図」と「航空写真」とでは位置がズレます。ここでは「地図」で場所を指定しているため「航空写真」に変更した場合は位置がズレます。GoogleMap自体の変更があった場合位置がズレる場合があります。ご注意ください。
top

みどころ・ルート・所要時間

checkみどころ

阿寒湖 1阿寒湖2017.8
観光船を除き南側からのみ楽しめます。手軽に利用できる展望台は1箇所のみ。
マリモ 2マリモ2017.8
希少価値の高い球状の天然マリモ。マリモ展示観察センターや阿寒湖畔エコミュージアムセンターで見られます。
ボッケ 3ボッケ2017.8
高温の泥が噴き出している場所。ボコボコしている姿が見られます。
comment

阿寒湖を観光するのであれば、モコモコとした天然マリモを一度は見ておきたいところですね。湖畔にあるエコミュージアムセンター内なら手軽に見られますよ。阿寒湖周辺はみどころが多々あります。阿寒湖を散策しながらボッケを見て、観光船に乗り、マリモを見て、アイヌコタンでお土産を買うといった流れが良いかもしれません。ここだけで半日以上使う観光が組めますね。

check観光ルート・所要時間

阿寒湖自体を眺めて楽しめる場所は阿寒湖畔の遊歩道・ボッケ・阿寒湖畔展望台です。マリモは観光船・阿寒湖畔エコミュージアムセンター(EMC)です。アイヌ古式舞踊の鑑賞や伝統工芸品などはアイヌコタンです。
阿寒湖
阿寒湖畔遊歩道・観光船乗場
阿寒湖畔マップ

※移動時間は①~⑤までの往復の時間です。

主なポイント
①西側の展望スペース
②幸運の森桟橋
⑤まりもの里桟橋
⑥トイレ
⑦観光案内所
所要時間(目安)
移動時間 18分~24分
観る時間 5分~10分
合計時間 23分~34分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
阿寒湖全体マップ。大きい画像
①西側の展望スペース。遊歩道の西の端です。
阿寒湖。球状マリモの生息は湖の1番奥付近です。
遊歩道。①~⑤まで約720m。
②幸運の森桟橋。阿寒観光汽船です。
まりもの里桟橋⑤も同じ観光船です。
遊歩道。駐車場の中を歩く場所もあります。
④フィッシングランド阿寒湖。釣りをされる方はここで手続きしましょう。
④釣り人メインの桟橋。阿寒湖は釣りも有名です。
阿寒湖と雄阿寒岳。この辺りが中間地点です。
遊歩道。ここからはお洒落な装飾なども見られます。
アート。木彫りの伝統工芸品などが飾られています。
遊歩道。綺麗に整備されている所もあります。
展望デッキ。夜の散歩の小休憩に良いかも。
⑤まりもの里桟橋。観光船の起点・終点です。
⑤まりもの里桟橋。横に公衆トイレ⑥があります。
comment

遊歩道は西側①からまりもの里桟橋⑤まで約720mです。整備された場所や土の道、駐車場内など様々な道を通ります。夕食後の散策に丁度良いですね。観光目的であれば端から端まで歩く必要は特にありません。ボッケ遊歩道を歩くほうが楽しめます。

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
ボッケ
ボッケ
ボッケマップ

※移動時間は①出入口から外周をまわって①までの時間です。

主なポイント
①ボッケ遊歩道出入口
①トイレ
⑥⑧ボッケ
⑨阿寒湖畔EMC
⑩まりもの里桟橋
所要時間(目安)
移動時間 24分~31分
観る時間 10分~15分
合計時間 34分~46分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
①ボッケ遊歩道出入口。横にトイレもあります。
案内図。出入口①からボッケ⑧まで約950m。
ボッケ遊歩道。まずは建物と石垣の間の狭い道を通ります。
ボッケ遊歩道。湖岸沿いなので気持ちが良いですね。
②弁慶の足湯。歩いた後にお借りしましょう。
ボッケを目指して進みましょう。
③休憩スペース。出入口①から約700m。
阿寒湖。浜辺に出られます。良い場所です。
分岐。左は展望スペース④、右は遊歩道。すぐに合流します。
④展望スペース。出入口①から約840m。阿寒湖が楽しめます。
案内看板。阿寒湖やチュウルイ島について。
歌碑。マリモの唄について。
展望スペース④の端から遊歩道へ戻れます。
進みましょう。奥に見えているのはT字路⑤です。
⑤T字路。まずは湖側のボッケ⑥へ向かいます。
説明看板。阿寒湖とマリモについて。
ボッケ⑥はT字路⑤を湖側に降りて左です。
⑥ボッケ。活発な時もあれば静かな時もあります。
湖側のボッケ。ボッケ⑧よりも距離が近いです。
案内看板。ボッケについて。
阿寒湖。この辺りはひときわ綺麗ですね。
ボッケ遊歩道。歌碑⑦へ向かいます。
⑦石川啄木の歌碑。達筆なため読めません。
⑤T字路。先ほどのT字路まで戻り山側へ進みます。
⑧ボッケ。ここからボッケを眺めます。
山側のボッケ。距離は遠いですが、こちらのほうが活発?
進みます。ボッケ⑧から阿寒湖畔EMC⑨まで約430m。
途中、森のこみちへの分岐があります。本道は直進。
案内図。森のこみちなどについて。
案内看板。ボッケの花ごよみについて。
松浦武四郎の句碑。ボッケ⑧から約320m。
⑨阿寒湖畔EMC横。ボッケ遊歩道はここまでです。
comment

ボッケ遊歩道(⑨~①の道路含む)は一周約1.8kmです。ほぼ平坦な道なので歩きやすいですよ。ちなみにボッケ遊歩道①から阿寒湖畔エコミュージアムセンター⑨までは、ボッケを経由して約1.5kmです。阿寒湖を眺め、ボッケも見て、阿寒湖畔エコミュージアムセンターでマリモを見れば、大体の目的は達成できるでしょう。ほどよい散策の後に弁慶の足湯で少し休憩するのも良いですね。

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
マリモ
阿寒湖畔エコミュージアムセンター(EMC)
阿寒湖畔エコミュージアムセンターマップ

阿寒湖畔エコミュージアムセンターのページに詳しく掲載されています。

主なポイント
②受付
④水槽展示
⑤休憩室
⑥レクチャールーム
所要時間(目安)
移動時間 1分~2分
観る時間 15分~30分
合計時間 16分~32分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
阿寒湖畔エコミュージアムセンター。球状マリモが見られます。
①施設出入口。入館無料。受付②は右側です。
③アクティビティサロン。阿寒湖に住む生き物など様々な情報が見られます。
④水槽展示。マリモやイトウ、ヒメマスなど数種類が展示されています。
マリモ。阿寒湖の北部2箇所の湾内にのみ生息しています。
球状の天然マリモ。最大30㎝くらいまで大きくなります。
イトウ。日本では北海道にのみ生息する最大の淡水魚です。
ヒメマス。阿寒湖が原産の紅鮭の一種です。
⑥レクチャールーム。日本各地の様々なマリモが見られます。
様々な形状のマリモ分布図。
他の地域のマリモ。
comment

阿寒湖畔エコミュージアムセンターは素晴らしい施設です。設備や内装に工夫が施されているのはもとより、従業員さんもより多くの方に阿寒湖やマリモ、その他生態などに関して熱心に取り組まれているという印象が強いです。阿寒湖を観光される際はこちらに立ち寄る事をおすすめします。

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。※撮影・掲載の許可を頂いております。
  
アイヌコタン
アイヌコタン
アイヌコタンマップ

※移動時間は①出入口から⑦イコロ経由で往復した時間です。

※観る時間は伝統工芸品や施設の鑑賞時間を除きます。

主なポイント
②⑧駐車場
③チセ
④アイヌ生活館
⑥トイレ
⑦イコロ
所要時間(目安)
移動時間 5分~7分
観る時間 1分~5分
合計時間 6分~12分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
①アイヌコタン出入口。コタンはアイヌ語で集落。
①アイヌコタン。伝統工芸品や飲食のお店が並びます。中央は駐車場②です。
チセ③前。最も尊い神の鳥であるフクロウと一緒に集合写真が撮れます。
③アイヌ文化伝承館チセ。チセはアイヌ語で家屋。入場無料。
③チセ内部。アート作品の展示です。展示内容は変わります。
④阿寒湖アイヌ生活館。入館料はお客様次第♪
④生活館内部。アイヌ民族に関する展示物や解説が見られます。
⑤チセ横の通り。この先にイコロがあります。
⑤ポンチセ。ポンチセは小さい家という意味。
⑥トイレ。チセの裏側、ポンチセの並び1番奥にあります。
⑦阿寒湖アイヌシアターイコロ。イコロは宝物という意味。アイヌ古式舞踊が見られます。
comment

出入口①からチセ③までの間の約70mほどに、伝統工芸品である木彫りや刺繍などが買えるお店と飲食店が並びます。伝統工芸品は体験することもできます。チセ③や生活館④、ポンチセ⑤、イコロ⑦ではアイヌの文化を学ぶことができる施設です。特にイコロではアイヌ古式舞踊が見られる貴重な場所です。イコロの詳細はこちら

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
  
阿寒湖畔展望台
阿寒湖畔展望台
阿寒湖畔展望台マップ

移動時間は③駐車場から④展望台までの往復の時間です。

主なポイント
①阿寒湖畔スキー場
②ネイチャーセンター
③駐車場
④阿寒湖畔展望台
所要時間(目安)
移動時間 4分~5分
観る時間 5分~10分
合計時間 9分~15分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
阿寒湖畔スキー場。夏季は展望台として開放されています。
建物の間を通り、道なり直進右方向です。駐車場まで約280m。
案内看板。建物②の前にあります。白湯山展望台は登山です。
②ネイチャーセンター前を通ります。
③阿寒湖畔展望台駐車場。ここから先は徒歩専用です。
歩道。阿寒湖畔展望台まで約100m。少し登ります。
阿寒湖畔展望台。手軽に見られる唯一の展望台です。
眺め。阿寒湖と雄阿寒岳が見えます。
comment

夏期はスキー場入口にある大きな駐車場ではなく、展望台のために用意された駐車場に車を駐められます。そこまで車で進みましょう。駐車場から展望台までは少し登りますが、100mほどであるため特に問題無いでしょう。展望台からの眺めは少し木々が視界を遮っていますが、手軽に阿寒湖や雄阿寒岳を楽しむ事ができます。体力や時間に余裕のある方は、白湯山展望台へ行く方が良いですね。阿寒湖畔スキー場から1時間半ほどで展望台に着きます。阿寒湖や雄阿寒岳が綺麗に見えますよ。

2017年8月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
  
comment

歩く距離が長いのは湖岸沿いの遊歩道とボッケ遊歩道くらいです。ボッケ遊歩道を歩く場合は湖岸沿いの遊歩道を歩く必要は特にありません。ボッケ遊歩道から阿寒湖や散策を楽しめます。ルートも難しくはありませんので、楽しめると思いますよ。

top

アクセス

check車 ルート案内

阿寒湖畔園地(観光船・ボッケ遊歩道出入口)
ドライブイメージ
阿寒湖畔エコミュージアムセンター
ドライブイメージ
阿寒湖畔展望台
ドライブイメージ
観光案内所(阿寒湖まりむ館)
ドライブイメージ
12345 別画面でGoogleMapが表示されます。「現在地または各都道府県庁」から「観光地の入口」までのルート案内です。カーナビは「駐車場」の項をご参照ください。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。
comment

阿寒湖畔園地はまりもの里桟橋やボッケ遊歩道の出入口などがある一帯です。阿寒湖付近を通る国道240号線は広くて走りやすい道です。阿寒湖温泉街の道は人通りが多く、狭い場所もあるためご注意ください。駐車場は駐車場の項で詳しく記してありますが、基本的には公共駐車場(有料)を利用して、徒歩でそれぞれの目的地へ向かいます。アイヌコタン・阿寒湖畔展望台・観光案内所には専用の無料駐車場があります。

check電車 ルート案内

12 別画面でGoogleMap表示されます。「現在地または各都市の主要駅」から「観光地の入口」までのルート案内です。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。正しく案内表示がされない場合はGoogleMap画面上の左上付近にある「オプションの表示」→「電車」にチェックを入れてください。
comment

JR釧路駅とJR摩周駅までのルート案内を表示しています。阿寒湖周辺は電車がありません。バスやレンタカーを利用しましょう。ホテルを利用する場合は送迎バス(有料)などを利用するのが良いかもしれません。
路線バスを利用する場合は釧路駅や釧路空港から阿寒バスの「阿寒線」に乗り「阿寒湖温泉」で降ります。釧路駅から約1時間55分、釧路空港から約1時間10分です。 摩周駅から向かう場合は、阿寒バスの定期観光バス(期間限定)である「阿寒摩周号」に乗ると、阿寒湖と摩周駅を行き来できます。北見や旭川からも高速バス(阿寒バス)が出ています。

-記載ページ-
・路線バス・定期観光バス
阿寒線:右欄≪定期路線バス≫→中段≪阿寒線≫→中段≪全停留所時刻表≫
阿寒摩周号:右欄≪定期路線バス≫→中段≪(日付)改正・バス時刻表(パンフレット版)≫→1枚目右ページ中段
・高速バス
釧北号(北見~釧路):右欄≪都市間高速バス≫→中段≪特急「釧北号」≫
サンライズ旭川・釧路号(旭川~釧路):右欄≪都市間高速バス≫→中段≪サンライズ旭川・釧路号≫

check交通機関などの予約

電車予約
電車予約
飛行機予約
バス予約
レンタカー予約
えきねっと
e5489
スカイチケット
ウィラートラベル
レンナビ
JR東日本
えきねっと
新幹線や特急など列車の予約。
JR西日本
e5489
新幹線や特急など列車の予約。
スカイ
チケット
複数の航空会社の料金を比較と航空券の予約。
ウィラー
トラベル
複数のバス会社の路線や料金の比較とバスの予約。
レンナビ
複数のレンタカー会社の料金の比較と車の予約。
旅行で利用できる便利なサイトのご紹介です。使いやすくて料金が安い会社をご紹介しています。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

駐車場

check駐車場

阿寒湖駐車場マップ
観光地
1阿寒湖畔園地
2阿寒湖畔EMC
3アイヌコタン
4阿寒湖畔展望台
駐車場
1阿寒湖畔第1駐車場
2阿寒湖畔駐車場
3湖岸駐車場
4アイヌコタン駐車場
5アイヌコタン駐車場(湖側)
6駐車場(イコロ)
7阿寒湖畔展望台駐車場
阿寒湖畔第1駐車場
名称:阿寒湖畔第1駐車場
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
時間:24時間可
11月下旬~翌4月上旬まで休業
(駐車は可能)
料金:乗用車410円、二輪車100円(1日1回有効)
駐車台数:110台(視認)
障がい者等用スペース:2台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:○
自動販売機:×
阿寒湖畔園地までの距離と時間 約300m 徒歩約4分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°25′59.502″(43.433195)
     
 東経:144°6′3.992″(144.101109)
日本測地系 北緯:43°25′50.619″(43.4307275)
     
 東経:144°6′18.396″(144.10511)
マップコード739 342 651*87
混雑予測:夏季は混雑しています。繁忙期は満車になります。
備考:ボッケや阿寒湖畔エコミュージアムセンターに1番近い駐車場です。
阿寒湖畔駐車場
名称:阿寒湖畔駐車場
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
時間: ~19時
11月下旬~翌4月上旬まで休業
(駐車は可能)
料金:乗用車410円、二輪車100円(1日1回有効)
駐車台数:96台(視認)
障がい者等用スペース:3台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:○
自動販売機:×
阿寒湖畔園地までの距離と時間 約400m 徒歩約6分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°25′52.446″(43.4312351)
     
 東経:144°5′51.174″(144.0975484)
日本測地系 北緯:43°25′43.563″(43.4287675)
     
 東経:144°6′5.576″(144.101548889)
マップコード739 342 395*04
混雑予測:満車になる事はほぼ無いでしょう。
備考:第2駐車場と呼ばれる駐車場です。
湖岸駐車場
名称:湖岸駐車場
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2-8-26
時間:4月26日~11月4日・8:00~17:00
料金:2時間500円、以降1時間毎100円
駐車台数:50台(公式)
障がい者等用スペース:-
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:×
自動販売機:×
阿寒湖畔園地までの距離と時間 約480m 徒歩約7分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°26′1.677″(43.4337991)
     
 東経:144°5′36.575″(144.093493)
日本測地系 北緯:43°25′52.795″(43.431331944)
     
 東経:144°5′50.976″(144.097493333)
マップコード739 342 395*04
混雑予測:繁忙期以外満車になる事はほぼ無いでしょう。
備考:湖岸沿いかつ町の中央付近にあるため、最も便利です。
アイヌコタン駐車場
名称:アイヌコタン駐車場
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
時間:~19時
料金:無料
駐車台数:18台(視認)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:付近○
自動販売機:付近○
アイヌコタンまでの距離と時間 アイヌコタン内にあり
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°26′0.78″(43.4335501)
     
 東経:144°5′25.036″(144.0902878)
日本測地系 北緯:43°25′51.899″(43.431083056)
     
 東経:144°5′39.436″(144.094287778)
マップコード739 341 639*32
混雑予測:夏季は比較的混雑します。満車や駐めにくい場合は湖岸沿いの駐車場に駐めましょう。
備考:アイヌコタン専用です。バイクはチセの裏側(3枚目の写真)に駐めて下さい。
アイヌコタン駐車場(湖側)
名称:アイヌコタン駐車場(湖側)
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:12台(おおよそ)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:×
自動販売機:付近○
アイヌコタンまでの距離と時間 約350m 徒歩約5分
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°26′1.229″(43.4336747)
     
 東経:144°5′41.414″(144.0948373)
日本測地系 北緯:43°25′52.347″(43.4312075)
     
 東経:144°5′55.816″(144.098837778)
マップコード739 341 685*73
混雑予測:夏季は比較的混雑します。満車になることもあります。
備考:出入口は東側にある建物の横にあります。
駐車場(イコロ)
名称:駐車場(イコロ)
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-84
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:30台(おおよそ)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:施設内○
自動販売機:×
イコロまでの距離と時間 駐車場横に建物あり
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°26′2.876″(43.4341322)
     
 東経:144°5′17.016″(144.0880601)
日本測地系 北緯:43°25′53.995″(43.431665278)
     
 東経:144°5′31.416″(144.09206)
マップコード739 341 691*32
混雑予測:満車になる事はほぼ無いでしょう。
備考:未舗装です。区切り線などはありません。
阿寒湖畔展望台駐車場
名称:阿寒湖畔展望台駐車場
所在地:北海道釧路市阿寒町シュリコマベツ4-4
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:15台(おおよそ)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:×
自動販売機:×
遊歩道出入口までの距離と時間 駐車場の横にあり
緯度経度:
世界測地系 北緯:43°25′19.952″(43.4222089)
     
 東経:144°4′52.122″(144.0811449)
日本測地系 北緯:43°25′11.067″(43.419740833)
     
 東経:144°5′6.516″(144.085143333)
マップコード739 310 336*67
混雑予測:満車になる事はほぼ無いでしょう。
備考:未舗装です。区切り線などはありません。
1234567 画像をクリックタップすると拡大できます。
※緯度経度は駐車場の入口を指しています。カーナビの多くは日本測地系を採用しています。桁数が多い場合は後ろの数字を削除してください。お使いのカーナビや地図によってはズレる事があります。駐車場から観光地までの道のりは「アクセス」の項にある「現在地」のグーグルマップルート案内をご利用ください。周辺駐車場の全てを記載しているわけではございません。例えば都市部において路地裏にある台数5台未満の駐車場などは安くてもご案内いたしません。土地勘のない方を迷わす危険や満車により更に時間を費やす可能性が高くなるためです。
comment

阿寒湖畔やボッケの散策、観光船、阿寒湖畔エコミュージアムセンターには駐車場がありません。(エコミュージアムセンターのみ障がい者専用駐車場あり)。それらを観光する場合は阿寒湖畔第1駐車場など有料駐車場に駐める必要があります。アイヌコタンやイコロ、阿寒湖畔展望台にはそれぞれ無料の専用駐車場があります。阿寒湖畔園地はまりもの里桟橋やボッケ遊歩道出入口辺り一帯です。

check駐車場 予約

b-timesロゴ
三井のリパークロゴ
akippaロゴ
軒先パーキングロゴ
B-Times
全国にあるタイムズと登録された駐車場の予約。
toppi
全国にあるリパークと登録された駐車場の予約。
akippa
あきっぱに登録された駐車場の予約。
軒先PARKING
軒先パーキングに登録された駐車場の予約。
駐車場の予約ができるサイトのご紹介です。観光地が管理している駐車場は予約ができない所が多いためご注意下さい。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

宿泊施設など

check宿泊施設


check
観光地に近いお宿のご紹介です。掲載の順番に意味はありません。各お宿の名前をクリックタップすると公式サイトが別画面で表示されます。価格・クチコミボタンをクリックタップすると宿泊予約サイトが別画面で表示されます。楽天やじゃらんなど複数の宿泊予約サイトから「最安値」や「クチコミ評価順」などおすすめが簡単に検索できます。
トリップアドバイザー地図検索
楽天地図検索
じゃらん地図検索
一休地図検索
画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。「じゃらん」のみ希望の目的地まで地図を移動させてください。移動後は右上にある「再検索」ボタンが青く表示されるまで地図を拡大し、「再検索」ボタンをクリックしてください。
comment

阿寒湖周辺はお宿が充実しています。高級なお宿から比較的安価なお宿までたくさんありますが、人気観光地であるためお値段もそれなりにします。ただその分お宿も満喫しましょう♪外国人観光客も多いため、夏季は早めの予約が必要です。

top

ツアー

checkツアー

JTBロゴ
CTロゴ
HKロゴ
ツアーの予約ができるサイトのご紹介です。時期によってツアーの有無が異なるためご注意ください。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
comment

旅行代理店は数多くあるため、大手旅行代理店に絞って掲載しています。ツアーに参加すれば、このホームページで記載してある細かい事など全部丸投げして遊べますね。運転すらしなくていいので朝からお酒を一口・・なーんて幸せも♪

top

周辺観光案内

check周辺観光案内

太郎湖・次郎湖
山奥でひっそりと佇む湖。流れのある太郎湖と静かな次郎湖。美しいです。
距離:約3km
双湖台・双岳台
山と湖を眺める2つの展望台。どちらも手軽に楽しめます。
距離:約13km
オンネトー
北海道三大秘湖の1つ。見る位置によって色が変わる色鮮やかな美しい湖。
距離:約19km
オンネトー湯の滝
マンガン鉱石の鉱床が成長している滝。地上では世界唯一の場所です。
距離:約20km
摩周湖
世界有数の透明度を持つ湖。湖に触れる事すら許されない湖です。
距離:約49km
距離は阿寒湖~各観光地の入口までの距離です。大きな湖など観光地内に複数の観光地点がある場合は、最も近い地点の入口までの距離です。また、一般的な道を利用した場合の距離であり直線距離ではありません。例えば直線距離は近くても、山や川などを越えるために移動距離が大きく膨れ上がる場合があります。こういった場合など直線距離は役に立ちません。距離は通る道などにより距離が変わるため、目安としてご利用ください。

check周辺の遊び

そとあそび
周辺の「体験」や「遊び」を探します。
陶芸・そば打ち・ラフティング・カヤック・キャニオニング・パラセーリング・ボルタリング・着物レンタル・チャンバラなどなど・・まだまだたくさん・・
旅行に体験を1つ加えると、より素敵なものになるかもしれませんね。
アクティビティと呼ばれる旅行先での遊びを予約できるサイトのご紹介です。アクティビティの中には危険が伴うものや、天候等により中止となるものもあるためご注意ください。画像をクリックタップすると別画面で表示されます。
top

まとめ・詳細

checkまとめ

阿寒湖はここだけで半日以上使う観光が組めるほど観光地として整備されています。そのためみどころも多々ありますが、阿寒湖へ行くのであれば、湖を湖畔から眺めるのと天然マリモの見学は押さえておきましょう。 それ以外は時間や興味によって足を伸ばすかどうかを決めれば良いと思います。天気に関しては、晴れに越したことはありません。曇りや雨の場合は施設内の見学などを中心にしましょう。

check詳細

名称
阿寒湖(あかんこ)
所在地
北海道釧路市阿寒町
期間・時間など
通年・24時間
阿寒湖畔エコミュージアムセンター:9:00~17:00・火曜定休(祝日の場合は翌日休み)
料金
観光地全て入場などは無料(観光船の乗船やイコロなど除く)
お問い合わせ
阿寒観光協会(Tel:0154-67-3200)
阿寒湖畔エコミュージアムセンター(Tel:0154-67-4100)
ライブカメラ
ベストシーズン
夏(緑),秋(紅葉),冬(ワカサギ釣り)
観光時間の目安
湖畔散策:23分~34分、ボッケ:34分~46分、エコミュージアムセンター:16分~32分、観光船:ルートによる、アイヌコタン:観光のみ6分~12分(施設内での鑑賞など除く)、阿寒湖畔展望台:9分~15分
(観光地内での移動や観る時間などの合計)
服装・装備など
スニーカーなどで可。サンダルやヒールでも可。(ボッケのみ非推奨)
野鳥や小動物など用に望遠鏡があると良いかもしれません。
トイレ
たくさんあります。詳しくはこちらの画像をご覧ください。※ボッケ遊歩道は出入口にのみあります。阿寒湖畔展望台は確認できていません。
バリアフリー
阿寒湖畔展望台以外は車椅子の方も楽しめます。ボッケは土の道を通ります。その点が大丈夫であればエコミュージアムセンター側から向かうと短い距離で済みます。多目的トイレはエコミュージアムセンター、観光案内所(阿寒湖まりむ館)にあります。
注意
形状に関わらず全てのマリモの採取禁止といった看板あり。阿寒湖畔展望台には熊注意の看板あり。
・・『注意事項』・・
記載内容は本記事作成時または更新時のものです。本記事の内容と現地の現在の状況が変わっている可能性があるため、最新の情報はご自身で観光地にお確かめください。当サイトを利用して損害などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負えません。自己責任で当サイトをご利用ください。当サイトに記載してある文章や写真などの無断転載・無断使用などは禁じます。
top