オホーツクタワー
観光japan

「オホーツクタワー」みどころ・ルート
・所要時間・アクセス・駐車場など

旅行の計画を立てる人を応援するサイト
-2017年7月作成-

オホーツクタワー

checkオホーツクタワーとは・・・

オホーツクタワーは流氷砕氷船ガリンコ号と同じ会社が運営する氷海展望塔です。海岸から約500m離れた海に建てられており、海上部分からオホーツク海や流氷を眺めるだけでなく、海中部分から海の中も見られるのが特徴です。 海中部分には展望スペースのほか、オホーツク海に住む生き物の展示も見られます。海上部分ではオホーツク海を眺める展望室をはじめ、流氷などの解説コーナー、360度あるスクリーンから飛び出す映像を楽しめる4Dシアターなどがあります。

オホーツクタワーがある海洋公園には様々な施設や設備があります。流氷砕氷船ガリンコ号2による流氷ツアー、アザラシと触れ合えるオホーツクとっかりセンターやシーパラダイス、白い砂のビーチもあります。その他、オホーツク流氷科学センター、オホーツク健康プールなどもあります。また海洋公園ではテント設営や車中泊可の場所があり、夏場はキャンプでも賑わっている場所です。


check地図・場所

「地図」「航空写真」「地形」をクリックするとそれぞれの表示形式に変わります。※アイコンの位置がズレる場合があります。当サイトは観光地や駐車場などの入口などを指しているため、既にあるGoogleMapの情報アイコンとズレます。また「地図」と「航空写真」とでは位置がズレます。ここでは「地図」で場所を指定しているため「航空写真」に変更した場合は位置がズレます。GoogleMap自体の変更があった場合位置がズレる場合があります。ご注意ください。
top

みどころ・ルート・所要時間

checkみどころ

オホーツクタワー 1海底階2017.7
海中にある展望スペースから海の中が見られたり、海洋生物が楽しめます。
オホーツクタワー 2地上2階2017.7
流氷などに関する資料や、360度あるスクリーンでアニメが楽しめます。
オホーツクタワー 3地上3階2017.7
海中だけでなく海上にも360度見渡せる展望スペースがあります。
comment

みどころは海底階にある海中の眺めや海洋生物の展示がメインです。流氷下の海底を見るという貴重な体験ができます。もちろん流氷が無い時期も楽しめますよ。

check観光ルート・所要時間

オホーツクタワーは海洋公園内にあります。タワー内部は海底階と1階~3階までです。
オホーツクタワー
1階・海底階
オホーツクタワーマップ

※見取り図はおおよそのものとしてご覧ください。

主なポイント
①渡海橋
②受付
③売店
④水色の線:窓(大小16個)
⑤黄色の線:水槽展示
所要時間(目安)
移動時間
 1階 1分~2分 
 海底階 1分~2分
観る時間
 1階 1分~2分 
 海底階 15分~30分
合計時間
 1階 2分~4分 
 海底階 16分~32分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細(駐車場~オホーツクタワー)
海洋交流館駐車場。海洋公園内にあるオホーツクタワーやガリンコ号などで利用します。
送迎バス。海洋交流館から渡海橋(オホーツクタワーの赤い橋)までの送迎です。
クリオネプロムナード。防波堤兼通路です。ここをバスまたは徒歩で渡ります。
案内看板。クリオネプロムナードやオホーツクタワーにについて。
クリオネプロムナード。渡海橋まで約480m。
クリオネプロムナード終点。中に入って右が渡海橋です。
説明看板。オホーツクの未来を拓く研究基地を目指してについて。
①渡海橋。奥にある青いドアよりオホーツクタワー内部です。
ルート詳細(1階・海底階)
館内案内図。海底階~3階まであります。
②オホーツクタワー受付。奥には売店③もあります。
1階エレベーター。まずは海底階へ向かいます。
海底階。海底洞窟をイメージされているそうです。
説明POP。春夏秋冬の海中の様子について。
一周約50mほどです。水槽や海中を見ながらまわりましょう。
タッチプール。生物と触れ合えるコーナーもあります。
海中の眺め。アザラシが見られる事もあるそうです。
中間地点を過ぎた辺り。ここは上に窓があります。
海中の眺め。小さい魚がたくさん見られました。
エレベーター前。ゆっくり見てまわって20分くらいです。
階段。エレベーターまたは階段で上がりましょう。
チョウザメ。展示内容は変更される事があります。
フウセンウオ。ピントが合ってません。ごめんなさい。
オオカミウオ。オオカミウオの中では愛らしい顔をしていますね。
ホッケ。居酒屋好きなら1度は食べた事があるのではないでしょうか?
comment

館内はエレベーターを中心にどの階も一周まわりながら展示物や景色を眺めるという感じです。決められたルートは特にありません。4Dシアターの開演時間に合わせてどこからまわるか決められても良いと思います。

2017年7月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
オホーツクタワー
地上2階・3階
オホーツクタワーマップ

※見取り図はおおよそのものとしてご覧ください。

主なポイント
①4Dシアター
②映像ホール
⑦流氷茶屋
所要時間(目安)
移動時間
 2階 1分~2分
 3階 1分~2分
観る時間
 2階 15分~20分
 3階 5分~10分
合計時間
 2階 16分~22分
 3階 6分~12分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細(3階)
⑦展望室。360度ガラス張りの室内から景色が楽しめます。
屋外展望スペース。オホーツクタワーの4隅にあります。
周りには何もないため、見晴らしの良さは抜群です。
流氷茶屋。飲み物や軽食を食べながらくつろげますね。
キッズコーナー。茶屋での休憩中、お子様も退屈しませんね。
トイレ。1階と3階にあります。2階は多目的トイレです。
ルート詳細(2階)
2階出入口。映像や資料などを楽しむ階です。
①4Dシアター。映像プラス風や振動もあり凄いです。
②映像ホール。オホーツクタワーができるまでの映像です。
③掲示物。流氷大回転について。大きい画像
④クリオネ類の一生や捕食などの掲示物と映像もあります。大きい画像
⑤観測機器室。観測機器などが見られます。
⑤流氷観測レーダー。日常では見られない貴重な体験です。
掲示物。観測について。気象や海洋、海水などの観測について。大きい画像
⑥オホーツク海や海氷について学べます。
⑥海氷とオホーツク海について。大きい画像
⑥海氷の不思議などについて。大きい画像
⑥ジオラマ。情景模型です。
comment

2階では流氷やオホーツク海、海洋生物についてとても勉強になります。4Dシアターも360度、飛び出す映像、風や振動といった凄い状況で、大人も子どもも楽しめるアニメなどが1日で数本上映されています。海底階と2階で疲れたら3階で景色を眺めながら一息付けるという素敵な流れですね。

2017年7月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
  
comment

駐車場からオホーツクタワーまでは片道約600m、徒歩7分~10分です。送迎バスも出ています。送迎バスは海洋交流館にてバスを希望すると送って頂けます。車椅子を載せられる車両もあります。帰りはオホーツクタワーの受付にお伝えしましょう。クリオネプロムナード(防波堤兼通路)を歩いても気持ちが良いですよ。館内の所要時間は海底階から3階まで全て合計すると40分~70分です。

top

アクセス

check車 ルート案内

12 別画面でGoogleMapが表示されます。「現在地または各都道府県庁」から「観光地の入口」までのルート案内です。カーナビは「駐車場」の項をご参照ください。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。
comment

オホーツクタワーは海洋公園内の最も北東側にあります。海洋公園までは案内看板が随所に設置してあるため、特に問題無く到着できると思います。

check電車 ルート案内

別画面でGoogleMap表示されます。「現在地または各都市の主要駅」から「観光地の入口」までのルート案内です。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。正しく案内表示がされない場合はGoogleMap画面上の左上付近にある「オプションの表示」→「電車」にチェックを入れてください。
comment

オホーツクタワーがある紋別市内を通る電車はありません。1番近いJR石北本線の遠軽駅までのルート案内を表示しています。近いとは言いましても、遠軽駅からオホーツクタワーまでは約45kmあります。レンタカーやバス、タクシーなどを利用しましょう。 バスを利用する場合は、遠軽駅から200mほど直進したところにある「北見バス遠軽営業所」から北海道北見バス北紋バスの共同運営路線である「湧別・紋別線」に乗り「オホーツクタワー入口」で降ります。約70分です。下車後約1.1km徒歩15分ほどで着きます。

-記載ページ-
北海道北見バス:上欄≪時刻表・運賃≫→中段(路線選択→郊外線、路線名選択→湧別・紋別線)≪全停留所の時刻表を表示≫(掲載されていな場合もあり)
北紋バス:上欄≪バス時刻表・運賃≫→中段、紋別郊外路線内の≪遠軽方面≫(PDF)

check交通機関などの予約

電車予約
電車予約
飛行機予約
バス予約
レンタカー予約
えきねっと
e5489
スカイチケット
バスブックマーク
レンナビ
JR東日本
えきねっと
新幹線や特急など列車の予約。
JR西日本
e5489
新幹線や特急など列車の予約。
スカイ
チケット
複数の航空会社の料金を比較と航空券の予約。
バスブック
マーク
複数のバス会社の路線や料金の比較とバスの予約。
レンナビ
複数のレンタカー会社の料金の比較と車の予約。
旅行で利用できる便利なサイトのご紹介です。使いやすくて料金が安い会社をご紹介しています。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

駐車場

check駐車場

オホーツクタワー駐車場マップ
観光地
1海洋公園
2海洋交流館
3オホーツクタワー
駐車場
1海洋公園駐車場
2海洋交流館駐車場
海洋公園駐車場
名称:海洋公園駐車場
所在地:北海道紋別市海洋公園3
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:280台(おおよそ)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:〇
自動販売機:〇
オホーツクタワーまでの距離と時間 約940m 徒歩約14分
緯度経度:
世界測地系 北緯:44°20′0.169″(44.3333804)
     
 東経:143°22′18.915″(143.3719208)
日本測地系 北緯:44°19′51.771″(44.3310475)
     
 東経:143°22′33.296″(143.375915556)
マップコード801 585 633*21
混雑予測:イベントなどが無い限り満車にはならないでしょう。ただ、夏場は比較的多いです。
備考:駐車台数はこのスペースのみのおおよその数です。海洋公園全体の駐車台数は更に多いです。
海洋交流館駐車場
名称:海洋交流館駐車場
所在地:海道紋別市海洋公園1
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:130台(おおよそ)
障がい者等用スペース:0台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:施設内〇
自動販売機:〇
オホーツクタワーまでの距離と時間 約600m 徒歩約9分
緯度経度:
世界測地系 北緯:44°19′59.946″(44.3333183)
     
 東経:143°22′32.134″(143.3755927)
日本測地系 北緯:44°19′51.547″(44.330985278)
     
 東経:143°22′46.516″(143.379587778)
マップコード801 585 646*10
混雑予測:駐車場が広いため、特別な場合を除き満車にはならないでしょう。
備考:海洋交流館横、クリオネプロムナード前にあります。
12 画像をクリックタップすると拡大できます。
※緯度経度は駐車場の入口を指しています。カーナビの多くは日本測地系を採用しています。桁数が多い場合は後ろの数字を削除してください。お使いのカーナビや地図によってはズレる事があります。駐車場から観光地までの道のりは「アクセス」の項にある「現在地」のグーグルマップルート案内をご利用ください。周辺駐車場の全てを記載しているわけではございません。例えば都市部において路地裏にある台数5台未満の駐車場などは安くてもご案内いたしません。土地勘のない方を迷わす危険や満車により更に時間を費やす可能性が高くなるためです。
comment

海洋公園には複数の駐車場があり、かなりの広さがあります。オホーツクタワーへ行かれる際は、海洋公園の1番右奥(北東)にある海洋交流館の横に駐めましょう。

check駐車場 予約

b-timesロゴ
三井のリパークロゴ
akippaロゴ
軒先パーキングロゴ
B-Times
全国にあるタイムズと登録された駐車場の予約。
toppi
全国にあるリパークと登録された駐車場の予約。
akippa
あきっぱに登録された駐車場の予約。
軒先PARKING
軒先パーキングに登録された駐車場の予約。
駐車場の予約ができるサイトのご紹介です。観光地が管理している駐車場は予約ができない所が多いためご注意下さい。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

宿泊施設など

check宿泊施設


check
観光地に近いお宿のご紹介です。掲載の順番に意味はありません。各お宿の名前をクリックタップすると公式サイトが別画面で表示されます。価格・クチコミボタンをクリックタップすると宿泊予約サイトが別画面で表示されます。楽天やじゃらんなど複数の宿泊予約サイトから「最安値」や「クチコミ評価順」などおすすめが簡単に検索できます。
トリップアドバイザー地図検索
楽天地図検索
じゃらん地図検索
一休地図検索
画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。「じゃらん」のみ希望の目的地まで地図を移動させてください。移動後は右上にある「再検索」ボタンが青く表示されるまで地図を拡大し、「再検索」ボタンをクリックしてください。
comment

海洋公園はキャンプ場ではありませんが、試験的にテントの設営が可能になっています。バーベキューコーナーなどもあるため、海洋公園でキャンプを楽しまれても良いと思います。ただ夏は人がとても多いです。お宿に関しては紋別市内では3件お宿があります。どこも評価が高く、ゆっくりとくつろげそうですよ。3件以外は周辺の町にあるお宿です。

top

ツアー

checkツアー

JTBロゴ
CTロゴ
HKロゴ
ツアーの予約ができるサイトのご紹介です。時期によってツアーの有無が異なるためご注意ください。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
comment

旅行代理店は数多くあるため、大手旅行代理店に絞って掲載しています。ツアーに参加すれば、このホームページで記載してある細かい事など全部丸投げして遊べますね。運転すらしなくていいので朝からお酒を一口・・なーんて幸せも♪

top

周辺観光案内

check周辺観光案内

サロマ湖
国内3番目の大きさを誇る湖。海と湖が繋がる珍しい湖です。
距離:約39km
距離はオホーツクタワー~各観光地の入口までの距離です。大きな湖など観光地内に複数の観光地点がある場合は、最も近い地点の入口までの距離です。また、一般的な道を利用した場合の距離であり直線距離ではありません。例えば直線距離は近くても、山や川などを越えるために移動距離が大きく膨れ上がる場合があります。こういった場合など直線距離は役に立ちません。距離は通る道などにより距離が変わるため、目安としてご利用ください。

check周辺の遊び

そとあそび
周辺の「体験」や「遊び」を探します。
陶芸・そば打ち・ラフティング・カヤック・キャニオニング・パラセーリング・ボルタリング・着物レンタル・チャンバラなどなど・・まだまだたくさん・・
旅行に体験を1つ加えると、より素敵なものになるかもしれませんね。
アクティビティと呼ばれる旅行先での遊びを予約できるサイトのご紹介です。アクティビティの中には危険が伴うものや、天候等により中止となるものもあるためご注意ください。画像をクリックタップすると別画面で表示されます。
top

まとめ・詳細

checkまとめ

オホーツクタワー周辺には観光施設が多くあり、キャンプもできるという点がとても魅力的です。ここでテントを張って拠点を作り、様々な施設で1日遊びつくすという事ができますね。
オホーツクタワー自体は海底階にある展望スペースがメインです。流氷下の海の中を眺められるというのは、世界でも珍しい場所ですね。ただ冬以外は海水の濁りが強くなるため、窓付近にいる魚などしか見ることができません。それでも窓からオホーツク海の中を見られる珍しさや、海洋生物の展示、4Dシアター、詳しい解説資料、更には無料送迎や従業員さんの良さなど全体を通してみると十分に価値があり、楽しめる施設ですよ♪

check詳細

名称
紋別氷海展望塔オホーツクタワー(もんべつひょうかいてんぼうとうおほーつくたわー)
所在地
北海道紋別市海洋公園1
期間・時間など
1月4日~12月28日・10:00~17:00(最終入館16:30)、1月1日・6:30~10:00
夏季夜間特別営業あり
料金
大人(中学生以上)800円、小人(小学生)400円、団体・障がい者など割引あり
お問い合わせ
ライブカメラ
ベストシーズン
冬(流氷下・濁りが弱い)
観光時間の目安
40分~1時間20分(観光地内での移動や観る時間などの合計)
服装・装備など
スニーカーなどで可。サンダルやヒールでも可。
3階展望室は望遠鏡があるとより楽しめるかもしれません。
トイレ
オホーツクタワー内3階・2階(多目的トイレ)・1階、海洋交流館、海洋公園駐車場にあり
バリアフリー
車椅子対応送迎バスあり。館内エレベーターあり。車椅子の方も楽しめます。多目的トイレはオホーツクタワー2階、クリオネプロムナード終点、海洋公園駐車場にあります。
注意
・・『注意事項』・・
記載内容は本記事作成時または更新時のものです。本記事の内容と現地の現在の状況が変わっている可能性があるため、最新の情報はご自身で観光地にお確かめください。当サイトを利用して損害などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負えません。自己責任で当サイトをご利用ください。当サイトに記載してある文章や写真などの無断転載・無断使用などは禁じます。
top