フレペの滝
観光japan

「フレペの滝」みどころ・ルート
・所要時間・アクセス・駐車場など

旅行の計画を立てる人を応援するサイト
-2017年7月作成-

フレペの滝

checkフレペの滝とは・・・

フレペとはアイヌ語で『赤い水(川)』≪"hure-pe(t)"フレ=赤い,ペ=水(川)≫という意味です。諸説ありますが、夕日が映り赤くなるためと考えられています。
フレペの滝は、湧水が直接海へ流れ落ちる珍しい滝です。落差約60m、水量が少ないため繊細な滝です。徒歩の場合は展望台から眺められますが、滝全体が見えるわけではありません。全体や正面から滝を見たい場合は、ウトロなどから観光船に乗ると見られます。
フレペの滝周辺は風が非常に強く、冬でも雪が吹き飛ばされるほど吹き荒れます。そのため、エゾシカの貴重な餌場となっており、冬に限らずエゾシカに合える確率が高いです♪


check地図・場所

「地図」「航空写真」「地形」をクリックするとそれぞれの表示形式に変わります。※アイコンの位置がズレる場合があります。当サイトは観光地や駐車場などの入口などを指しているため、既にあるGoogleMapの情報アイコンとズレます。また「地図」と「航空写真」とでは位置がズレます。ここでは「地図」で場所を指定しているため「航空写真」に変更した場合は位置がズレます。GoogleMap自体の変更があった場合位置がズレる場合があります。ご注意ください。
top

みどころ・ルート・所要時間

checkみどころ

フレペの滝 1フレペの滝2017.7
しっとりと流れ落ちる繊細な滝。展望台からの眺めです。
エゾシカ 2エゾシカ2017.7
エゾシカに遭遇する可能性が高い場所。野鳥もみどころです。
comment

フレペの滝は展望台から見られますが、滝自体が断崖に囲まれている場所にあるため、滝の下部は見えません。観光船に乗ると全体を見ることができます。また、少し距離があるため望遠鏡が必要です。望遠鏡があれば野鳥や野生動物なども見られるため、持っていくと良いですよ。

check観光ルート・所要時間

フレペの滝は遊歩道を歩いて展望台から見る方法と、ウトロから観光船に乗って見る方法があります。
フレペの滝展望台
フレペの滝 展望台
フレペの滝マップ
主なポイント
①駐車場
②知床自然センター・トイレ
③遊歩道出入口
⑤展望台
⑥フレペの滝
所要時間(目安)
移動時間 38分~53分
観る時間 10分~20分
合計時間 48分~73分
地図に関して・・赤線は道です。青矢印は大まかなルート案内です。詳細な部分まで必ずしも正確とは限りません。
所要時間(目安)に関して・・『移動時間』は観光地内における往復の移動のみの時間です。『観る時間』は観光地内で立ち止まって見たり体験したりする時間です。『合計時間』は移動時間と観る時間の合計です。観光における全ての時間です。※全て≪はやい ~ ゆっくり≫の時間の目安です。休憩や待ち時間などは含みません(但し不可避な場合を除く)。
ルート詳細
案内看板。フレペの滝の全体像です。大きい画像
①知床自然センター駐車場。入口と出口が分かれてます。
①駐車場にある看板。周辺地図など。大きい画像
②知床自然センター。フレペの滝に限らず知床やヒグマ等の情報が頂けます。
②知床自然センター東側出入口。情報を頂いたりトイレを済ませたら進みましょう。
歩道。知床自然センター東側を通り、知床100平方メートル運動ハウスの方へ向かいます。
③フレペの滝遊歩道出入口。運動ハウスの横に遊歩道の出入口があります。
③遊歩道。出入口から展望台まで約1km、20分。整備された登山道のような道です。
遊歩道。ヒグマ注意の看板。木の上も注意しながら歩きます。
遊歩道出入口から約10分ほど歩くと草原に出ます。この辺りが中間地点です。
④分岐(十字路)。直進(写真では左の道)です。右はウトロ崎灯台(通行止め)。
分岐付近にある看板。エゾシカの落としものよりエゾシカに会いたいですね♪
遊歩道。草原の横を歩くのは良いですね。エゾシカに会えるかな?
草原からは知床連山が綺麗に見えます。
展望台前。ここにも分岐があります。右はウトロ崎灯台方面です。(通行止め)
案内看板。フレペの滝について。
⑤展望台。岬の先端に建てられています。立地を考えるととても立派です。
フレペの滝。水量が少ないためちょっと見辛いですね。望遠鏡が必要です。
拡大ズーム撮影。上からも水が流れ落ち、岩肌からも湧き出ています。肉眼では難しい。
さらに拡大。写真中央を見てもらえると、水が湧き出しているのがわかります。
⑤案内看板。海鳥コロニーについて。
海鳥の住処。白いのは鳥の糞ですね。上に巣があるのでしょう。
断崖とオホーツク海。こういった風景も面白いですね。観光船がいます。
ウトロ崎灯台。展望台⑤からウトロ崎灯台も見えます。望遠鏡必要。
⑤帰路。フレペの滝を満喫したら知床連山を眺めながら戻ります♪(右方向)
⑤帰路。左へ進んでウトロ崎灯台方面の散策を追加で楽しむのもありです。
comment

フレペの滝遊歩道の出入口が少し分かりづらいかもしれません。知床自然センターの正面を向いて右側(東側)の道を進むとあります。遊歩道は分岐もありますが、道なりに進み続ければ展望台までたどり着けます。迷う事は無いでしょう。道の心配よりも、ヒグマの注意やエゾシカなど動植物を楽しみながら歩きましょう。行きは草原まで下りです。帰りは逆に上りになります。意外と体力を使う観光地です。

2017年7月撮影。画像をクリックタップすると拡大できます。
  
comment

遊歩道を歩く場合、往復約2.1kmあるため、歩ける服装や飲み物を持って観光しましょう。またヒグマの目撃情報が多数あるため、熊鈴などヒグマ対策も忘れずに。観光船はフレペの滝のみを見る観光船はありません。知床全体を観光する中の一部に組み込まれています。観光船を扱う会社はウトロ港に数社あります。どちらも望遠鏡があるとより楽しめますよ。

top

アクセス

check車 ルート案内

フレペの滝 遊歩道出入口
ドライブイメージ
ウトロ 観光船会社が並ぶ通り
ドライブイメージ
12 別画面でGoogleMapが表示されます。「現在地または各都道府県庁」から「観光地の入口」までのルート案内です。カーナビは「駐車場」の項をご参照ください。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。
comment

知床自然センターまでの記述です。斜里・ウトロ方面から向かう場合は、走りやすい道が続きます。知床自然センター駐車場の出入口は、出口専用と入口専用とに分かれています。斜里方面からの場合、先に出口専用があり、50mほど進むと入口専用があります。羅臼方面から来られる場合、知床峠を通ります。ヘアピンカーブが連続する箇所があり、さらに野生動物の飛び出しにも注意して走りましょう。

check電車 ルート案内

別画面でGoogleMap表示されます。「現在地または各都市の主要駅」から「観光地の入口」までのルート案内です。現在地はGoogleMapの位置情報をONにしている場合のみ表示されます。正しく案内表示がされない場合はGoogleMap画面上の左上付近にある「オプションの表示」→「電車」にチェックを入れてください。
comment

フレペの滝付近までの電車はありません。一番近いJR釧網本線・知床斜里駅までのルート案内を載せています。 知床斜里駅から斜里バスに乗り「知床自然センター」降ります。知床観光地巡りをされる場合は、網走や北見、斜里やウトロなどでレンタカーを借りるほうが良いかもしれません。

-記載ページ-
斜里バス:右欄≪知床線≫→中段≪夏ダイヤ・・・(期間)≫(期間外は掲載されていない場合もあり)

check交通機関などの予約

電車予約
電車予約
飛行機予約
バス予約
レンタカー予約
えきねっと
e5489
スカイチケット
バスブックマーク
レンナビ
JR東日本
えきねっと
新幹線や特急など列車の予約。
JR西日本
e5489
新幹線や特急など列車の予約。
スカイ
チケット
複数の航空会社の料金を比較と航空券の予約。
バスブック
マーク
複数のバス会社の路線や料金の比較とバスの予約。
レンナビ
複数のレンタカー会社の料金の比較と車の予約。
旅行で利用できる便利なサイトのご紹介です。使いやすくて料金が安い会社をご紹介しています。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

駐車場

check駐車場

フレペの滝駐車場マップ
観光地
1フレペの滝
2展望台
駐車場
1知床自然センター駐車場
知床自然センター駐車場
名称:知床自然センター駐車場
所在地:北海道斜里郡斜里町遠音別村岩宇別531
時間:24時間可
料金:無料
駐車台数:120台(公式)
障がい者等用スペース:2台
二輪車:〇
タイプ:平面
EV充電設備:×
トイレ:施設内○
自動販売機:施設内○
遊歩道出入口までの距離と時間 約190m 徒歩約3分
緯度経度:
世界測地系 北緯:44°5′25.903″(44.0905286)
     
 東経:145°1′23.254″(145.0231261)
日本測地系 北緯:44°5′17.187″(44.0881075)
     
 東経:145°1′38.116″(145.027254444)
マップコード757 603 518*87
混雑予測:8月1日~25日まではカムイワッカ湯の滝と知床五湖へ行くシャトルバスの発着所となります。この期間は大変混雑します。
備考:出入口が別々にあるためご注意ください。
画像をクリックタップすると拡大できます。
※緯度経度は駐車場の入口を指しています。カーナビの多くは日本測地系を採用しています。桁数が多い場合は後ろの数字を削除してください。お使いのカーナビや地図によってはズレる事があります。駐車場から観光地までの道のりは「アクセス」の項にある「現在地」のグーグルマップルート案内をご利用ください。周辺駐車場の全てを記載しているわけではございません。例えば都市部において路地裏にある台数5台未満の駐車場などは安くてもご案内いたしません。土地勘のない方を迷わす危険や満車により更に時間を費やす可能性が高くなるためです。
comment

フレペの滝の駐車場は知床自然センターのみです。お盆の期間は混雑しますが、それ以外の時期は特に問題はありません。ウトロ周辺(観光船など)の駐車場に関してはウトロのページをご覧ください。一部を除き各観光船会社の駐車場に駐めます。

check駐車場 予約

b-timesロゴ
三井のリパークロゴ
akippaロゴ
軒先パーキングロゴ
B-Times
全国にあるタイムズと登録された駐車場の予約。
toppi
全国にあるリパークと登録された駐車場の予約。
akippa
あきっぱに登録された駐車場の予約。
軒先PARKING
軒先パーキングに登録された駐車場の予約。
駐車場の予約ができるサイトのご紹介です。観光地が管理している駐車場は予約ができない所が多いためご注意下さい。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
top

宿泊施設など

check宿泊施設


check
観光地に近いお宿のご紹介です。掲載の順番に意味はありません。各お宿の名前をクリックタップすると公式サイトが別画面で表示されます。価格・クチコミボタンをクリックタップすると宿泊予約サイトが別画面で表示されます。楽天やじゃらんなど複数の宿泊予約サイトから「最安値」や「クチコミ評価順」などおすすめが簡単に検索できます。
トリップアドバイザー地図検索
画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。「じゃらん」のみ希望の目的地まで地図を移動させてください。移動後は右上にある「再検索」ボタンが青く表示されるまで地図を拡大し、「再検索」ボタンをクリックしてください。
comment

知床観光拠点の一つであるウトロが近くて件数も充実しています。羅臼にも宿泊施設がありますので、行程上そちらが良い場合は地図から探していただくか、知床峠のページをご覧ください。 知床は人気観光地であるため、少々お値段が高いと感じられるかもしれません。それでも宿泊と観光船などのセット販売があったり、お部屋からの景色、特に夕日を売りにされているところがあったり、お料理に力を入れているところなど、同じ場所でも様々なお宿があります。 施設の新旧はあるにしても「次はあの宿に泊まってみよう!」と次回が楽しみになるような気持ちにさせてくれます。ゆっくりとくつろぎましょう♪

top

ツアー

checkツアー

JTBロゴ
CTロゴ
HKロゴ
ツアーの予約ができるサイトのご紹介です。時期によってツアーの有無が異なるためご注意ください。画像をクリックタップするとそれぞれのサイトが別画面で表示されます。
comment

旅行代理店は数多くあるため、大手旅行代理店に絞って掲載しています。ツアーに参加すれば、このホームページで記載してある細かい事など全部丸投げして遊べますね。運転すらしなくていいので朝からお酒を一口・・なーんて幸せも♪

top

周辺観光案内

check周辺観光案内

ウトロ
知床観光拠点。オロンコ岩や夕陽台などみどころもある町です。
距離:約5km
知床五湖
知床を代表する景勝地。湖に映る知床連山など自然の美しさを味わえます。
距離:約9km
知床峠
国後島が望める峠。知床連山の1つである羅臼岳もみどころです。
距離:約10km
オシンコシンの滝
知床半島一の滝。展望台では水しぶきを浴びながら滝を楽しめます。
距離:約12km
オシンコシン展望台
知床の山々や海を眺める景勝地。知床八景の1つです。
距離:約12km
カムイワッカ湯の滝
お湯が流れる川や滝を歩ける場所。自然を体で感じながら楽しめますよ。
距離:約18km
距離はフレペの滝~各観光地の入口までの距離です。大きな湖など観光地内に複数の観光地点がある場合は、最も近い地点の入口までの距離です。また、一般的な道を利用した場合の距離であり直線距離ではありません。例えば直線距離は近くても、山や川などを越えるために移動距離が大きく膨れ上がる場合があります。こういった場合など直線距離は役に立ちません。距離は通る道などにより距離が変わるため、目安としてご利用ください。

check周辺の遊び

そとあそび
周辺の「体験」や「遊び」を探します。
陶芸・そば打ち・ラフティング・カヤック・キャニオニング・パラセーリング・ボルタリング・着物レンタル・チャンバラなどなど・・まだまだたくさん・・
旅行に体験を1つ加えると、より素敵なものになるかもしれませんね。
アクティビティと呼ばれる旅行先での遊びを予約できるサイトのご紹介です。アクティビティの中には危険が伴うものや、天候等により中止となるものもあるためご注意ください。画像をクリックタップすると別画面で表示されます。
top

まとめ・詳細

checkまとめ

フレペの滝は、大きさや豪快さはありません。しかし、滝の上部に川がなく、地下水が湧き出して直接海に流れ落ちるという珍しい滝です。繊細であるが故に乙女の涙とも呼ばれています。展望台までの遊歩道も、木々に囲まれた中や見晴らしの良い草原など、短い距離のわりにはとても楽しませてもらえます。知床連山が見えたり、エゾシカに会える確率が高いのも魅力の一つですね。 マイナス点としては、肉眼では滝が見辛いという点に尽きます。天候に関しては難しい部分ですが、晴れていれば爽快な気分を味わえるのは確かです。ただ滝が影に入っている午前中などはさらに見辛くなります。そういった意味では曇りなら時間をあまり選ばず安定して見えるでしょう。
楽しむためには豪快な滝を想像して見に行ってはいけません。珍しい滝を望遠鏡を使って楽しむ場所と思って行きましょう。

check詳細

名称
フレペの滝(ふれぺのたき)
所在地
北海道斜里郡斜里町遠音別村
期間・時間など
通年・24時間
料金
無料
お問い合わせ
知床自然センター(Tel:0152-24-2114)
ライブカメラ
ベストシーズン
夏(水量が一番多い),秋(紅葉)
観光時間の目安
50分~1時間半(観光地内での移動や観る時間などの合計)
服装・装備など
スニーカーなどで可。トレッキングシューズがあると尚良し。
サンダルやヒールは非推奨。
虫刺され対策として夏場は長袖長ズボン。
飲み物はあったほうが良いです。
望遠鏡があるとより楽しめます。
トイレ
知床自然センターの中のみ。
バリアフリー
スロープなど設備なし。(知床自然センターは車椅子に対応しています)
注意
ヒグマ注意という看板や掲示物多数あり。
・・『注意事項』・・
記載内容は本記事作成時または更新時のものです。本記事の内容と現地の現在の状況が変わっている可能性があるため、最新の情報はご自身で観光地にお確かめください。当サイトを利用して損害などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負えません。自己責任で当サイトをご利用ください。当サイトに記載してある文章や写真などの無断転載・無断使用などは禁じます。
top